音楽を本気で学ぶなら

音楽学校メーザーハウス

お問い合わせ
無 料 相 談
0120-2145-22
icon-search

検索

icon-sp-menu-close
icon-sp-menu

MENU

MESAR HAUS - 音楽学校メーザー・ハウス

line-sp-menu
ヴォーカル科 宮本美季先生
ギター/ベーステック&サウンドメイク
佐田(BACHI BLUE)幸弘 先生
ドラム科 一ノ瀬 久[一Q]先生
トラックメイカー/DJ科 熊井吾郎先生
トラックメイカー/DJ科
HIROSHI WATANABE先生
ヴォーカル科 竹本健一先生
作曲アレンジ科 伊橋成哉先生
作曲アレンジ科
福地智也先生
ドラム科 本田珠也 先生
ヴォーカル科 竹沢敦子 先生
レコーディング科
古賀英生 先生
ドラム科
見砂和照 先生
ピアノ科 渥美知世 先生 ベース科 大野淳一 先生 ベース科 満園庄太郎 先生
ピアノ科 越智健二 先生
シンガーソングライター科
佐々木 收 先生
トラックメイカー/DJ科
DJ HIRAKATSU 先生
ギター科 宮坂直樹 先生
ヴォーカル科 樋口 舞 先生
作曲アレンジ科
荒木陽太郎 先生
ドラム科 渡辺 豊 先生 総合音楽科 ミュージックビジネス科 高松 俊 先生
ギター科 真壁陽平 先生
ベース科 江川ほーじん 先生
ヴォーカル科 小池道昭 先生
ドラム科 菅沼孝三 先生 ドラム科 阿部 実 先生 ギター科 養父 貴 先生
レコーディング科
岡崎秀俊 先生
シンガーソングライター科
石田 匠 先生
DTM&ネットアーティスト科 四元 久
主幹講師 佐藤允彦 先生 ギター科 西山毅 先生
作詞/作曲科 山田ひろし 先生
ヴォーカル科 嶋村祐子 先生
総合音楽科 ミュージックビジネス科 沢井原兒先生
作曲アレンジ科
久米大作先生

レッスンの秘密

Secret of Lesson

毎日おこなわれているさまざまなレッスン。具体的にはどんなことをやっているのか? その内容や方針、秘密などを徹底リサーチ。 その全貌を…とまではいきませんが、各レッスンでおこなわれている、その一部をご紹介します!

先生に直撃インタビュー「レッスンの秘密」

ギター科 養父 貴 先生
totsugeki7Img1

音楽学校に通っている時間は、ほんの一瞬

ギターという楽器の持つ魅力というのは、1つではないと思っているんです。例えばソロを弾くにしても、テクニカルなプレイで観客を圧倒させる事もできるし、たった1音のロングトーンをヴィブラートさせるだけでも人を感動させる事ができる。バッキングもしかり。私のクラスでは、そういった「ギターという楽器の持つ多くの魅力」を引き出せるようなギタリストを目指しています。各生徒が自分の好きなジャンルの音楽を「核」としながらも、出来るだけ多くの素晴らしい音楽に早い段階から触れておく事が大切だと思っていますので、音楽ジャンルを特に限定する事なく授業を進めています。前述したように「バッキング」「ソロ」という2本の大きな柱に加えて、音色作り、理論的知識、音楽を仕事とする場合のノウハウ、演奏する上でのメンタル的な部分など、様々な部分にも言及しています。

そして毎回のレッスンの根底にあるテーマというのは「自分で考える力を身に付ける」という事。学校にいる間は各先生から色々なアドバイスを貰えますが、いずれは卒業して自分自身の力で自分を進化させて行かなければならない。その時に「なぜそうするべきなのか?」「なぜその音を弾くのか?」「なぜこの練習が自分にとって必要なのか?」という「自分で考える力」を身に付けている事がとても大切なんです。音楽家として人生を歩んで行くならば、音楽学校に通っている時間なんて、ほんの一瞬ですからね。最終的にはこの学校を卒業してからも自分自身で考え、上達して行けるようなギタリストを育成したいと思って、レッスンを進めています。

PROFILE
バークリー音大入学でギターと作・編曲を学ぶ。mihimaru GT、倖田來未、渡辺貞夫など、帰国後は多くのアーティストのレコーディング、ツアーに参加。リットー・ミュージック刊『ギタリストのための全知識』はベストセラーを樹立。

サウンドクリエイター科 岡崎秀俊 先生
totsugeki7Img2

好きじゃないとできない仕事!

レッスンではまず、Pro Tools スタジオを使用したレコーディング実習を通してマイキングの基本から始めます。楽器からマイクまでの距離や角度で音色がどのように変わるか経験し、その音をトラックダウンするまでを学びます。

ここ4〜5年の間にスタジオで使われているテープレコーダーがコンピュータを使用したDAWに変わってきていますが、どんなに技術が進んでもアコースティック楽器がある限りレコーディングの基本は変わりません。楽器の音を良く聴き、マイクを立ててその音楽に合った音で録音する。文字にすると簡単そうですが実に奥が深い楽しい作業です。録音された音が良くないと後で加工するにも使えないんですよ。

レコーディングエンジニアを目指している人。よく中高生から『レコーディングエンジニアになるにはどうしたらいいか?』を聞かれてこう答えるんです。まず、『音楽をたくさん聴いて大好きになってください』楽器を演奏する楽しさも知ってほしいですね。レコーディングエンジニアは好きじゃないとできない仕事です!多少の譜面の知識も必要です。そしてレコーディングはエンジニアにだけ必要な技術ではありません。音楽をやっている皆さんの役に立つと思います。

PROFILE
(株)スクラムスタッフ所属のエンジニアとして、スマップ、谷村新司、奥井雅美、川島あいなど数々のアーティストのレコーディングに参加。Pro Tools HDをメインのレコーダーとして活用し『SMAP×SMAP』などのTV番組音源制作も手掛ける。

icon-arrow-white-up