音楽を本気で学ぶなら

音楽学校メーザーハウス

お問い合わせ
無 料 相 談
0120-2145-22
icon-search

検索

icon-sp-menu-close
icon-sp-menu

MENU

MESAR HAUS - 音楽学校メーザー・ハウス

line-sp-menu
ヴォーカル科 宮本美季先生
ギター/ベーステック&サウンドメイク
佐田(BACHI BLUE)幸弘 先生
ドラム科 一ノ瀬 久[一Q]先生
トラックメイカー/DJ科 熊井吾郎先生
トラックメイカー/DJ科
HIROSHI WATANABE先生
ヴォーカル科 竹本健一先生
作曲アレンジ科 伊橋成哉先生
作曲アレンジ科
福地智也先生
ドラム科 本田珠也 先生
ヴォーカル科 竹沢敦子 先生
レコーディング科
古賀英生 先生
ドラム科
見砂和照 先生
ピアノ科 渥美知世 先生 ベース科 大野淳一 先生 ベース科 満園庄太郎 先生
ピアノ科 越智健二 先生
シンガーソングライター科
佐々木 收 先生
トラックメイカー/DJ科
DJ HIRAKATSU 先生
ギター科 宮坂直樹 先生
ヴォーカル科 樋口 舞 先生
作曲アレンジ科
荒木陽太郎 先生
ドラム科 渡辺 豊 先生 総合音楽科 ミュージックビジネス科 高松 俊 先生
ギター科 真壁陽平 先生
ベース科 江川ほーじん 先生
ヴォーカル科 小池道昭 先生
ドラム科 菅沼孝三 先生 ドラム科 阿部 実 先生 ギター科 養父 貴 先生
レコーディング科
岡崎秀俊 先生
シンガーソングライター科
石田 匠 先生
DTM&ネットアーティスト科 四元 久
主幹講師 佐藤允彦 先生 ギター科 西山毅 先生
作詞/作曲科 山田ひろし 先生
ヴォーカル科 嶋村祐子 先生
総合音楽科 ミュージックビジネス科 沢井原兒先生
作曲アレンジ科
久米大作先生

レッスンの秘密

Secret of Lesson

毎日おこなわれているさまざまなレッスン。具体的にはどんなことをやっているのか? その内容や方針、秘密などを徹底リサーチ。 その全貌を…とまではいきませんが、各レッスンでおこなわれている、その一部をご紹介します!

先生に直撃インタビュー「レッスンの秘密」

作曲アレンジ科 伊橋成哉先生
totsugeki25Img

楽しみながら曲を作っていますか?

「作曲」と言っても、ここ10年くらいでDTMを含めて目覚しく変わったと自分的には思っています。作曲家として13年目のキャリアになりますが、作曲家成り立ての頃に比べて、仕事のシステムや方法論もかなり違ってきています。

たまたま海外のライターと仕事をする機会を頂いたのですが、そこで感じたものは、「いかに日本人は楽しんで作曲をしていないか」でした。
彼らはチームで曲を作ることが多いというのも理由ですが、何より「楽しさ」「気持ち良さ」を大切にしていました。

五線譜を目の前にして葛藤することも大切な時間ですが、ボクはもう一つ大切なこと「楽しむ」「身体で感じながら作る」「聴覚だけに頼らない」という作曲を教えていけたらと思っています。

歌モノの作曲家さん、ボクの周りには「歌が苦手」or「歌うのは嫌い」という人は皆無に近いです。提供するであろうアーティストが歌ったときの「心地よさ」を共有できるか、できないか、そこも1つ大きな「作曲のツボ」だとボクは思います。

PROFILE
hitomiへの楽曲提供を皮切りに作曲家/作詞家としてのキャリアをスタート。数多くのトップアーティストに楽曲を提供し、大手メーカーのCM音楽なども手掛ける。その後も浜崎あゆみ、倖田來未、AAA、山下智久、テゴマス、sexyzone、SDN48などヒットチャートを賑わすアーティストに楽曲を提供。近年はバンドプロデュースにも力を注ぐ。

サウンドクリエイター科 福地智也先生
totsugeki24Img

クリエイティビティを具現化するツールを使いこなす

現代の音楽制作は作曲も、作詞も、アレンジも、録音もコンピューター・ベースで進むことが、行なうことがスタンダードになってきています。
年々機材のクオリティも上がってきて、サウンドはもちろん、操作性も良くなってきています。しかし、機材は使うものであって、音楽を作ってはくれません。 “機材を使いこなす”ことよりも“自分のアイデアを形にすること”、最終的にはクリエイターがどうしたいかが重要だと思っています。使う側のアイデアが乏しかったり、逆に思いついたアイデアを形にする方法に辿りつけないようではいい作品に繋がりません。

僕のレッスンでは機材を操作する技術、それらを使って素晴らしい音楽を作り出す創造性の両方をバランスよく成長させていける時間にしたいと思っています。ベーシックな使い方はもちろんのこと、「ツールとしてコンピューターを使って音楽制作をするためになにをすれば良いか」、「より楽しめる音楽を作るにはどうしたら良いか」を念頭に置いています。そして、楽しんでもらう音楽を作るためには、作っている瞬間でさえも楽しんでいてほしいと思いますし、できればアイデアが浮かんだ瞬間から楽しんで欲しいと思います。

PROFILE
Blues, Soul, Funkを愛し、Jimmy Nolen、Catfish Collins、Nile Rodgers等に影響を受け、ファンクをベースとしたプレイスタイルを築く。
ギタープレーヤーとして杏里、Sugarsoul、倖田來未、片瀬那奈、さんみゅ~等のレコーディングに参加。
ギター 演奏、音楽制作のみならず、楽器、DAWのセミナー、デモンストレーションでは、難しい用語を使わずに、誰にでもわかりやすい内容が評価を受けている。

icon-arrow-white-up