音楽を本気で学ぶなら

音楽学校メーザーハウス

お問い合わせ
無 料 相 談
0120-2145-22
icon-search

検索

icon-sp-menu-close
icon-sp-menu

MENU

MESAR HAUS - 音楽学校メーザー・ハウス

line-sp-menu
ヴォーカル科 宮本美季先生
ギター/ベーステック&サウンドメイク
佐田(BACHI BLUE)幸弘 先生
ドラム科 一ノ瀬 久[一Q]先生
トラックメイカー/DJ科 熊井吾郎先生
トラックメイカー/DJ科
HIROSHI WATANABE先生
ヴォーカル科 竹本健一先生
作曲アレンジ科 伊橋成哉先生
作曲アレンジ科
福地智也先生
ドラム科 本田珠也 先生
ヴォーカル科 竹沢敦子 先生
レコーディング科
古賀英生 先生
ドラム科
見砂和照 先生
ピアノ科 渥美知世 先生 ベース科 大野淳一 先生 ベース科 満園庄太郎 先生
ピアノ科 越智健二 先生
シンガーソングライター科
佐々木 收 先生
トラックメイカー/DJ科
DJ HIRAKATSU 先生
ギター科 宮坂直樹 先生
ヴォーカル科 樋口 舞 先生
作曲アレンジ科
荒木陽太郎 先生
ドラム科 渡辺 豊 先生 総合音楽科 ミュージックビジネス科 高松 俊 先生
ギター科 真壁陽平 先生
ベース科 江川ほーじん 先生
ヴォーカル科 小池道昭 先生
ドラム科 菅沼孝三 先生 ドラム科 阿部 実 先生 ギター科 養父 貴 先生
レコーディング科
岡崎秀俊 先生
シンガーソングライター科
石田 匠 先生
DTM&ネットアーティスト科 四元 久
主幹講師 佐藤允彦 先生 ギター科 西山毅 先生
作詞/作曲科 山田ひろし 先生
ヴォーカル科 嶋村祐子 先生
総合音楽科 ミュージックビジネス科 沢井原兒先生
作曲アレンジ科
久米大作先生

レッスンの秘密

Secret of Lesson

毎日おこなわれているさまざまなレッスン。具体的にはどんなことをやっているのか? その内容や方針、秘密などを徹底リサーチ。 その全貌を…とまではいきませんが、各レッスンでおこなわれている、その一部をご紹介します!

先生に直撃インタビュー「レッスンの秘密」

ドラム科 本田珠也 先生
totsugeki23Img1

根本的なドラムへの回帰

古代アフリカをルーツとするこのドラムというものは、元々は言葉を持たなかった原人にとって、重要なコミュニケートの方法として使われ、最も生活に密着したもので、それは現代においても必要不可欠であろうと考察する。

音楽の原則はRHYTHM-MELODY-HARMONYで構成されている。とくにRHYTHMは音楽に躍動を与え、人々の奥底に眠る原始の鼓動を呼び覚まし、そして全ての人々の魂に永遠の歓喜を授ける。 「根本的なドラムへの回帰」そこに私は重きを置いて伝えて行きたい。

何故なら最近の傾向としてInternetや教則ビデオ、或いは専門的な雑誌等における非常に2次元的な発想にとても危惧している。もっと五感や直感を鍛えつつ、ヴァーチャルではない、己の体を存分に発揮し、地の底から響かせられる人材を育てていきたい。または伝えたい。

知識や技術というのは、マニュアル通りにやっていけば誰でも出来る。しかし音楽(人生)で感情(抑揚)表現することについては、どこの教科書にも載っていない。貴方はそのマニュアル化されていない部分、表現について考えたことはありますか?その傷つきやすいデリケートな部分に触れた時、貴方の本当の音楽人生のスタートが切られる。

音を楽しむというのは、音は楽に出せないという裏返しの言葉に思う。

PROFILE
13才の時にネイティブ・サンのメンバーとして斑尾ジャズ・フェスティバルに出演。自己のバンド『PLANET X』のほか渡辺貞夫、今村祐司グループなどのレギュラーメンバーを始め、渡辺香津美らのセッション・ワークに参加。また、現在は、菊池成孔ダブ・セクステットにて精力的に活動中。

ヴォーカル科 竹沢敦子 先生
totsugeki23Img1

楽器を通して自分を表現する為に

歌を歌うという事は、誰もが楽しくなり、そしてある時は悲しみからも解放され、心を自由に解き放ってくれるものだと考えています。人々は世界中の様々な国々で生活の中に歌と共に暮らしてきました。その中に歌手として歌う事を職業にしている人たちがいます。

もし今、皆さんが歌手として人前で自信を持って歌いたい!出来れば仕事にしたい!人々から賞賛される様な存在になりたいと思っているのだとしたら...。

まず始めに、歌っているときに無意識でやってしまう「気持ち良く歌う」ということですが、実はこれが意外と間違いだったりします。なぜなら仕事の現場でプロフェッショナルに求められるものに「貴方が気持ち良く歌う事は必要とされない」ことが多いという事を学習していかなくてはいけません。『えっ?』と思われる方も多いと思いますが、実は歌を表現する上で最も必要な「最低限の音程+リズム」が貴方の歌には備わってないことに原因があるのです。「最低限の音程とリズム」この二つをきちんと身に付けていないと、ほとんどの場合仕事にならず、最悪の場合、次の仕事のオファーがこない。などということも...。ですからまずこれらを理解し実践することで初めて「歌に感情をのせていく」(気持ち良く歌う)事が出来る(許される)と私は考えます。

この他にも、歌手として歌う事を職業とするために必要な技術や知識は、まだまだたくさんあります。
プロフェッショナルを目指して一緒に頑張りましょう!

PROFILE
コーラスアーティストとしてTV等にレギュラー出演の他、数多くのアーティストのサポート、CMのレコーディングなどのスタジオワークで活動中。

icon-arrow-white-up