音楽を本気で学ぶなら

音楽学校メーザーハウス

お問い合わせ
無 料 相 談
0120-2145-22
icon-search

検索

icon-sp-menu-close
icon-sp-menu

MENU

MESAR HAUS - 音楽学校メーザー・ハウス

line-sp-menu
ヴォーカル科 宮本美季先生
ギター/ベーステック&サウンドメイク
佐田(BACHI BLUE)幸弘 先生
ドラム科 一ノ瀬 久[一Q]先生
トラックメイカー/DJ科 熊井吾郎先生
トラックメイカー/DJ科
HIROSHI WATANABE先生
ヴォーカル科 竹本健一先生
作曲アレンジ科 伊橋成哉先生
作曲アレンジ科
福地智也先生
ドラム科 本田珠也 先生
ヴォーカル科 竹沢敦子 先生
レコーディング科
古賀英生 先生
ドラム科
見砂和照 先生
ピアノ科 渥美知世 先生 ベース科 大野淳一 先生 ベース科 満園庄太郎 先生
ピアノ科 越智健二 先生
シンガーソングライター科
佐々木 收 先生
トラックメイカー/DJ科
DJ HIRAKATSU 先生
ギター科 宮坂直樹 先生
ヴォーカル科 樋口 舞 先生
作曲アレンジ科
荒木陽太郎 先生
ドラム科 渡辺 豊 先生 総合音楽科 ミュージックビジネス科 高松 俊 先生
ギター科 真壁陽平 先生
ベース科 江川ほーじん 先生
ヴォーカル科 小池道昭 先生
ドラム科 菅沼孝三 先生 ドラム科 阿部 実 先生 ギター科 養父 貴 先生
レコーディング科
岡崎秀俊 先生
シンガーソングライター科
石田 匠 先生
DTM&ネットアーティスト科 四元 久
主幹講師 佐藤允彦 先生 ギター科 西山毅 先生
作詞/作曲科 山田ひろし 先生
ヴォーカル科 嶋村祐子 先生
総合音楽科 ミュージックビジネス科 沢井原兒先生
作曲アレンジ科
久米大作先生

レッスンの秘密

Secret of Lesson

毎日おこなわれているさまざまなレッスン。具体的にはどんなことをやっているのか? その内容や方針、秘密などを徹底リサーチ。 その全貌を…とまではいきませんが、各レッスンでおこなわれている、その一部をご紹介します!

先生に直撃インタビュー「レッスンの秘密」

サウンドクリエイター科 古賀英夫 先生
totsugeki19_06

クリエイターに求められる技術力

音楽の三大要素と言えば「リズム、メロディー、ハーモニー」ですが、あとひとつ加えるとしたら、やはり「トーン(音色)」です。ある程度理論的に説明できる三大要素に比べ、音色は流行などに左右される非常に不確定な存在とも言えますが、コンピュータなどを使った打ち込み音楽では、個性を表現するための重要なファクターのひとつになっています。

僕が担当している「グルーヴ・クリエイト」と「DJ&トラックメイキング」では、主にクラブ・ミュージックにこだわった音楽制作を意識していますが、その中でも特に気を配っているのが「音色の選択と編集」。どんなにクールなリズムをプログラミングしても、音色が無個性だったら台無しです。例えばキックの音色ひとつにしても、最先端のクリエイターは妥協をせず、気の済むまでサンプルを探し、またエディットを加え、理想の音色に近づけます。その1音の持つ重要性を理解しているからです。

もちろん音色だけ作っていてもトラックは完成しません。このクラスでは、ブレイクビーツやMIDIによる打ち込みなど、さまざまなアプローチで楽曲制作のノウハウを学びます。また、トラックの完成度を高めるために、エンジニアの視点に立ったミックス方法などの技術も合わせてレクチャーします。

音楽機材の進化に伴い、現在ではプリプロからマスタリングまで、すべての工程を自宅スタジオで行うことも不可能ではなくなってきました。だからこそ、音楽的な知識とセンスはもちろん、音色のエディットやミックスなど、クリエイターに求められる"技術力"も高まってきていると思います。このレッスンを通して、「旬のサウンド」を創りだす力を身につけて欲しいです。

PROFILE
DTM関連書籍の執筆をはじめ、クリヤ・マコト氏のアルバムにテクニカルアシスタント/マニピュレーターとして参加。また内川マサヒコ氏の『Rhythm of Elements』や様々なDJユニットの制作エンジニアとしても活動。また、degidesign公認のPro Toolsトレーニングプログラムの認定トレーナーでもある。

ドラム科 見砂和照 先生
totsugeki19_17

ドラマーとして大切なこと

太鼓の起原… 宇宙との交信、神様との交信…祭りごと。
起床からの始まり、食事、仕事、休息、行進、狩、漁、宗教、裁判、戦争、葬式…になくてはならない道具。長い長い歴史を経て音楽という娯楽、芸術、ビジネスというように発展をしてきました。

このような歴史を知る事はとても大事ですが、まず、ドラムをやる上で絶対に知っておかなければいけない事を基本から勉強していきましょう。
自分の思うように両手両足をうごかせるようにしたいですね。
その為に細かいところからやっていききます。
ドラムを叩くときの姿勢、怪我をしない為のフォーム、スティックの持ち方、手足の使い方からです。そして、音符の説明、譜面もよめるように勉強し、音符というものを正しく習得すれば、音楽を通じて1部の仲間だけでなく世界中の音楽家と通じあえるという事も知ってもらいたいのです。

1つの課題があるとします。
すぐにできてしまう人、1時間かかる人、1日かかる人、個人差は人それぞれありますが、時間がかかっても諦めずクリアし、それを積み上げていく事ができれば精神力、持久力も同時に磨かれ良い音楽家になれる基盤ができると思います。

ドラムという楽器はその人の人間性、性格がとてもよく出る楽器だと思います。気持ちのいい音、嬉しい音、楽しい音、悲しい音…自分がその瞬間だしたい音をだすには、練習はもちろん必要ですが、今まで生きてきて経験した事、感じたこと、そしてこの先の色々な人達との出会い(友達や先生など)一期一会を大切にし、自分自身をみつめ、すべてにおいて人として成長することも重要になっていきます。そうする事によってドラムの音に反映されていくと私は思います。

PROFILE
16歳でプロとして活動を始める。松山千春、南こうせつ、さだまさし、井上陽水、竹内まりあ、など数多くのアーティストのレコーディング、コンサートツアーに参加。 スタジオミュージシャンとして5000曲を超えるレコーディング、セッションをこなし現在に至る。2005年、57年の歴史を持つ父のバンド「見砂直照と東京キューバンボーイズ」を再結 成させ、リーダーとして活動している。

icon-arrow-white-up