音楽を本気で学ぶなら

音楽学校メーザーハウス

お問い合わせ
無 料 相 談
0120-2145-22
icon-search

検索

icon-sp-menu-close
icon-sp-menu

MENU

MESAR HAUS - 音楽学校メーザー・ハウス

line-sp-menu
ヴォーカル科 宮本美季先生
ギター/ベーステック&サウンドメイク
佐田(BACHI BLUE)幸弘 先生
ドラム科 一ノ瀬 久[一Q]先生
トラックメイカー/DJ科 熊井吾郎先生
トラックメイカー/DJ科
HIROSHI WATANABE先生
ヴォーカル科 竹本健一先生
作曲アレンジ科 伊橋成哉先生
作曲アレンジ科
福地智也先生
ドラム科 本田珠也 先生
ヴォーカル科 竹沢敦子 先生
レコーディング科
古賀英生 先生
ドラム科
見砂和照 先生
ピアノ科 渥美知世 先生 ベース科 大野淳一 先生 ベース科 満園庄太郎 先生
ピアノ科 越智健二 先生
シンガーソングライター科
佐々木 收 先生
トラックメイカー/DJ科
DJ HIRAKATSU 先生
ギター科 宮坂直樹 先生
ヴォーカル科 樋口 舞 先生
作曲アレンジ科
荒木陽太郎 先生
ドラム科 渡辺 豊 先生 総合音楽科 ミュージックビジネス科 高松 俊 先生
ギター科 真壁陽平 先生
ベース科 江川ほーじん 先生
ヴォーカル科 小池道昭 先生
ドラム科 菅沼孝三 先生 ドラム科 阿部 実 先生 ギター科 養父 貴 先生
レコーディング科
岡崎秀俊 先生
シンガーソングライター科
石田 匠 先生
DTM&ネットアーティスト科 四元 久
主幹講師 佐藤允彦 先生 ギター科 西山毅 先生
作詞/作曲科 山田ひろし 先生
ヴォーカル科 嶋村祐子 先生
総合音楽科 ミュージックビジネス科 沢井原兒先生
作曲アレンジ科
久米大作先生

レッスンの秘密

Secret of Lesson

毎日おこなわれているさまざまなレッスン。具体的にはどんなことをやっているのか? その内容や方針、秘密などを徹底リサーチ。 その全貌を…とまではいきませんが、各レッスンでおこなわれている、その一部をご紹介します!

先生に直撃インタビュー「レッスンの秘密」

サウンドクリエイター科 DJ HIRAKATSU 先生
totsugeki14_07

音楽は好きですか?

DJは、"いかに音楽が好きか""たくさんの音楽を聴いてきたか"が最も重要です。
僕のレッスンでは、DJの経験をもとにDJ目線での音楽の事、シーンの事などを伝え、ジャンルも関係なく、より一層音楽に興味を持つようにおこなっています。技術的なことももちろん教えていくのですが、それは練習である程度は身につくはず。音楽をやっている以上、誰よりも音楽が好きでいることが大事です。

DJは、たくさんの人をその場の雰囲気にあった選曲で盛り上げていきます。求められているものは人それぞれ違うので、曲を繋ぐなどの技術的なことと一緒に、人の気持ちも理解していかなくてはいけない。そういう時に、たくさん音楽を聴いてきたという経験が役立ってくるのです。人の気持ちを理解するということはDJに限らず、音楽をやっている人たちすべてに言えることです。

近年、DJを志す人は急激に増え一般的に理解されるところまできました。ただ、職業としてのDJというものは、まだまだ足踏み状態です。本気でやっていて、質の高いものをつくり出せる人がもっともっと増えていってほしいと思っています。 そして、常に音楽を愛していてください

PROFILE
DJバトル界カリスマDJ。『B-BOYPARK』のDJバトルで2000年、2001年と連続優勝を成し遂げ、さらにDJバトル2大大会『DMC』、『I.T.F.』では共に日本チャンピオンとなり、世界大会に出場。その後も渋谷HARLEM、横浜LOGOSなどのクラブを中心に全国でプレイし、その卓越したスキルと選曲で、フロアをロックし続けている。最近ではAIのライブDJとしても活動し、CLUB TOUR、JAPAN TOURにも参加。2005年にはユニバーサルミュージックよりデビューアルバム『ON MY BLOCK』をリリース。

ギター科 宮坂直樹 先生
totsugeki14_18

上手くなれば誰でも楽しい!

私のレッスンでは、抽象的に考えがちな演奏を物理的に把握し、決して 『根性』で乗り切るのではなく(時には必要だが)、演奏不可能な部分を細分化して考え、ひとつひとつの要素を確実に完成、積み上げていく事を大事にしている。そもそも「ノリが違うんだよね〜。」と漠然と指摘されても直し方なんかわからないでしょ(笑)。

プロの人達だって最初から上手かったわけでもないのに、ある日をきっかけにプロになったわけだが、逆に言えばテクニックがあるのにずっとアマチュアの人もいる。その差は何?私は演奏をトータル的に観たときの説得力だと思う。が、こう書いてしまうと具体性がない。

例えばギターを始めてしばらく練習すれば、誰でも弾ける様なコード・ストロークで考えてみよう。まずは音色が大事。しかし、多くのアマチュア・ミュージシャンは弾くことばかりに気を取られていて音色に気を使っていないか、本当の音色を知らない事が多い。これに関する要素で意外と見落としているのが、ピックを握る指の圧力(他にもあるけど書き切れません)。次にリズムだが、正確に弾く事も大事だけれども、これではグルーヴしない。リズムとは楽譜では表せない微妙な強弱や音色の変化も重要な要素だし、場合によっては部分的に正確でない方が良い事もあるなど、奥が深い。とはいえひとつひとつの音の役割を考えていけば押さえるべきポイントは決まってくる。

これらはほんの入り口に過ぎない。継続は力なりである。同じ『継続』であるならば、上達させるべきポイント、言い換えれば自分のどこが上達するのか(上達したのか)を明確にした方が良い。上手くなったと実感する事は誰でも楽しいでしょ!!だからこそ、その楽しみを倍増させるのが私の役目です。

PROFILE
島谷ひとみ全国ツアー、手嶋茜のレコーディングなど、さまざまなアーティストサポートを続ける。また、自己バンドSHELLING FORDで都内を中心に活動中。

icon-arrow-white-up