音楽を本気で学ぶなら

音楽学校メーザーハウス

お問い合わせ
無 料 相 談
0120-2145-22
icon-search

検索

icon-sp-menu-close
icon-sp-menu

MENU

MESAR HAUS - 音楽学校メーザー・ハウス

line-sp-menu

卒業生 / 出身生

Special Interview

プロとしてトップシーンで活躍するメーザー出身者インタビュー

数多くの卒業生/出身生がプロフェッショナルなフィールドで活躍しています。トップ・シーンで活躍している彼等からの熱いメッセージをお届けします。

超大物アーティストの曲を作るヒットメイカー、BOUNCEBACK!
河出 智希 Composer [ベース科卒] / 竹内 栄美子 SongWriter [ヴォーカル科卒]
bounceback
bounceback1

『BEST 2 -BLACK-』 浜崎あゆみ

bounceback2

『会いたかった♡』 AKB48

bounceback3

『BEST OF SOUL』 BoA

自分の魅力に自信を持つことと絶対にあきらめないという
意志が大切


BOUNCEBACKは、竹内さんと河出さんによる作詞作曲ユニット。ヴォーカル科卒業の竹内さんは、メーザーでのレッスンを「いろんな人とひとつのものを作り上げていくうちに、それまでの自分のにはなかった引き出しがたくさんできたんです。思いもよらない曲や詞の世界に多く触れて作詞としての世界観を確立することができました」と振り返る。一方、ベース科卒業の河出さんは、音楽業界について「この業界の人達はこの世界を活性化するために、才能ある若い作曲家、ヴォーカリスト、ミュージシャンをいつでも探しています。未来のライバルがメーザーから出てくるのは、僕らにとっても刺激だし楽しみ」と語るとともに「この世界に進みたいと思っている人は自分の魅力に自信を持つことと絶対にあきらめないという意志を持つことが必要」とメッセージをくれた。

PROFILE
現在、J-POPの世界で最も注目されている作詞・作曲ユニット。2003年末には浜崎あゆみの『No way to say』でレコード大賞を受賞、島谷ひとみの『Perseus -ペルセウス-』では金賞を受賞するなど、常にオリコン上位に作品をランクインさせるカリスマヒットメーカー。そのほかにもBoA、hiro、EXILE、玉置成実など超大物アーティストの作品を数多く手がける。

たゆまぬ探究心と 豊かな才能でクラシックの新境地に挑むピアニスト
松本 あすか Pianist [ピアノ科卒業]
matsumoto
matsumoto1

『PIANO ESPRESSIVO』 ASUKA MATSUMOTO

matsumoto2

「PIANO ESPRESSIVOⅡ」 ASUKA MATSUMOTO

「好き!」を極めて自分だけの音楽を磨く

クラシックしか知らないことに不安を感じてメーザーに入学した松本さん。初授業でいきなり壁に突き当たった。「『アドリブをしましょう』と言われた途端、頭の中が真っ白になりました。みんなが好きに弾いているのに、クラシックしか知らない私には『好きに弾く』の意味がわからなかった。自分の音楽に対する価値観が一度大きく崩れました」。メーザーでの毎日は、『教えられるものはすべて教えてあげるから、そこから自分で好きに表現しなさい』という講師陣のサポートに支えられ、仲間とのライブでアンサンブルの楽しさも発見した。その後、プロとして活動しながら再びメーザーに入学。2度目の入学動機は、「『もっと学びたい!』という気持ちが強くなった」から。「メーザーには様々なジャンルのプロが揃っていて、自分の幅をさらに広げるためのスキルを学ぶのに最適な場所。『好き!』と感じたものは、とことん極めて自分だけの音楽を磨いていきたいです」

PROFILE
3歳よりピアノを始める。幼少の頃より国内外の数々のコンクールで優秀な成績を修める。クラシック音楽にグルーヴ感を吹き込む演奏スタイルで、ピアノの表現の新たな境地を切り拓く。今最も注目のピアニストである。2008年5月デビューアルバム「PIANO ESPRESSIVO」を、同年10月アルバムマッチング楽譜集を発売。

武道館公演も成功させた、BREAKERZの 実力派ギタリスト!
SHINPEI Guitarist [ギター科卒業]
shinpei
shinpei1

『RUSTY HEARTS』BREAKERZ

shinpei2

『幾千の迷宮で幾千の謎を解いて』BREAKERZ

shinpei3

『YAIBA』BREAKERZ

まるでプロの音楽現場のような環境がメーザー・ハウスの魅力です

「現役プロが講師陣のメーザーは、学校というよりもプロが集まる音楽現場のひとつ」と笑顔で語るのは、人気バンドBREAKERZで大活躍中のSHINPEIさん。毎日が練習漬けだった学生生活も、「今日練習できないヤツは、明日になっても練習できない!」という講師の一言でさらに練習メニューを増やした。プロギタリストとなった今でも、「ふとひらめくフレーズ、ライブでのアドリブ、すべてにおいてメーザーで練習していた自分がそのまま残っています」という。「もし自分がプロのアーティストで、1週間後にレコーディング、1か月後に武道館ライブが控えていると想像したら、今日の自分は何をすると思いますか?必死に練習して自分を磨くと思うんです。もしかして、数年後にはそれが現実になっているかもしれない。だからこそ今から気持だけでもプロになって過ごして欲しい。メーザーはあらゆる意味でそんな人にとってベストといえる環境です」

PROFILE
2003年3月ギター科卒。卒業後、現在所属するプロダクションの様々なアーティストと活動。2007年多メディアで活動するDAIGOをヴォーカリストに擁した『BREAKERZ』のギタリストとしてデビュー。現在までにリリースした作品中で、多くの楽曲の作曲やアレンジも手がけている。なお、在学時には一度の欠席/遅刻もしなかった(!)という逸話を残す。
OFFICIAL WEBSITE
http://breakerz-web.net/

サウンドプロデュースで音楽の未来を創造する期待の新星
大河内 航太 Comopser [サウンドクリエイト科卒業]
okouchi
okouchi1

『ROCKBOUND NEIGHBORS』水樹奈々

okouchi2

『17』Kylee

okouchi3

『YOU』JUJU

逃げても後ろをむいてもいいけど、 とにかくやめないこと!

「作曲家を目指しているのなら、100%なれます!でも、そのためには続けることが大事。逃げても、後ろを向いてもいいけど、とにかくやめない。それさえできれば絶対になれますよ!」と未来のアーティストの背中を押すのは、現在、注目の若手作曲家として数々のメジャーアーティストの楽曲などを手がける大河内さん。将来の進路に迷う中で作曲家の道を決意したのもメーザーの体験入学がきっかけだった。「世界で通用するプロが講師をしているのは最大の魅力のひとつ。自分の憧れであり、将来のモデルである人が目の前にいて、じかに音楽のノウハウを教えてくれるんですから。僕自身もメーザーで学んだ2年間で、ジャンルを超えた音楽の奥深さに感銘を受けたし、技術面が磨かれたのも実感できました。独学で得られる以上の知識と経験を身につけることもできたし、今、プロとしてキャリアを積んでいく中で、「音楽を仕事にする」という本当の意味がわかってきたのもメーザーのおかげです!」

PROFILE
作曲をはじめ、アレンジ、ヴォーカルディレクションもこなす期待の若手新人クリエイター。ロックから、ブラック、アニソンまでアレンジの幅を利かせ、様々な楽曲コンペに参加し、高い評価を受けている。 またCMソングもこなす、ずばぬけた歌唱力も彼の魅力の一つ。

吹奏楽の"伝道師"が伝授する"メーザー的音楽生活"の 過ごし方
織田 浩司 Sax Player [サックス科卒業]
oda
oda1

『Char Electric Guitar Concert』 Char

oda2

『FOR YOU』 BIG HORNS BEE

oda3

『Pieces of the Moon』 織田浩司

自分の引き出しにどんどん詰め込んでいくことが大切

「今でもためになったと思うのは、講師陣とカリキュラムの良さ、そして何よりもバンドの授業でしたね。当時は知らないことだらけで大変だったけど、それ以上に楽しかったです」と織田さんはメーザーで過ごした日々を振り返る。「当たり前だけど、知らないことは習わないとわからない。これからメーザーに来る皆さんは知らないことだらけで不安に思うかもしれないけれど、むしろそのほうがいいと思うんです。その分だけ一流の講師に習えるわけですから!でも、せっかく習っても努力と気持ちがないと意味がない。プロになりたいなら、楽な道を選ばず努力しないとだめです」とアドバイスも忘れない。「メーザーで学ぶ間に、自分の引き出しの中にどれだけ詰め込めるかを目標にしてください。自分が納得できるだけ詰め込めたら、それでいいんです。ここにはそのために力を貸してくれる講師やスタッフが揃っています。そして、自分を信じる気持ちを捨てないことです」

PROFILE
90年に米米CLUB、BIG HORNS BEEのメンバーとなる。以降B.B.KING、Char、TUBE、中島美嘉、平井堅など国内外の数々のアーティストと共演。日本を代表するホーンセクション・メンバー/ソロ・プレイヤーとしてライヴ、レコーディングに活躍中。また、日本各地の吹奏楽部、指導者、吹奏楽団との親交を深め、将来ある若い吹奏楽団の育成を積極的におこなっている。
OFFICIAL WEBSITE
http://www.oritanobotta.com/

ドラマ主題歌も手がけて 人気沸騰! かりゆし58のギタリスト
宮平 直樹 Guitarist [ギター科卒業]
miyahira
miyahira1

『風のように』 かりゆし58

miyahira2

『ウクイウタ』 かりゆし58

miyahira3

『かりゆし58ベスト』かりゆし58

"日々精進"しながら音楽を楽しむ気持ちが大事

「新聞奨学生をやりながらメーザーに通っていました」と語るのは沖縄県出身のバンド"かりゆし58"のギタリスト宮平さん。「両立は大変だったけれど、ギターを弾くことが楽しくて仕方がなかった。メーザーでは周りにいるいろんな人たちから常に刺激を受けたし、基礎から応用までしっかり学べた。良いプレイや音楽を肌で体感できたこと、自分では聴かなかった音楽に触れることができたのも大きかったですね。ライブにもよく行っていましたよ。プロになった今は、当時講師の方々から聞いた体験談や、そのときに教えてもらった対処法が役に立っています」という。そして未来のプロには、「自分が何を目指しているのか?という考えをしっかり持って日々を送って下さい」とエールを送る。最近では人気TVドラマの主題歌を手掛けるなど、ますます活動の幅が広がるなか、"日々精進"をモットーに、「音楽を楽しむ気持ち」を今も変わらず大事にしている。
PROFILE
2005年4月に沖縄で結成された4人組バンド『かりゆし58』に2008年正式加入。ロック、レゲエに沖縄音階をチャンプルーしたサウンドと、現在も沖縄在住の彼らならではのまっすぐな言葉でメッセージを発信し幅広い世代から支持されている。
OFFICIAL WEBSITE
http://www.ldandk.com/kariyushi58/

icon-arrow-white-up